薬剤散布・消毒

薬剤を散布することで、お庭の木の害虫や菌を消毒や殺菌することができます。見た目も悪く健康な樹木を弱らせる害虫を駆除・防除するために薬剤散布は必要です。

大阪や兵庫でお庭の害虫や毛虫でお困りでした、植木屋のエスリーフへご相談下さい。お庭の樹木にあわせた薬剤散布や防除方法をご提案させていただきます。

毛虫や害虫から庭木を守るための消毒作業

暖かくなると増えてくる害虫(特に毛虫)は放っておいて良いことはありません。サザンカやツバキなど茶系の木につくチャドクガは、毛に触れただけで強いかゆみや発疹を引きおこします。毛虫を見つけたら出来るだけ早く散布しておいたほうが良いでしょう。

また薬剤には様々な種類があり、どのような効果を狙っているかで散布する薬剤の種類が変わってきます。一律に効く万能薬など存在しません。薬の効果も永年続くわけではなく、最低でも年1回(できれば剪定後)に行って下さい。おススメするのは梅雨前4月から5月と梅雨後の年2回が効果的です。

毛虫やハダニなどでお困りでしたら、お客様のお庭の木にあわせた防除方法をご提案いたします。

庭木の主だった病害虫

毛虫類

アメリカシロヒトリなどのガの幼虫が葉を食害する。またチャドクガ・イラガなど人体に影響のある毛虫もおり、早めのスミチオンなどで防除するのが効果的。

アブラムシ類

様々な植物に発生。汁液を吸い生育を阻害しウイルスを媒介する。ほとんどの殺虫剤で駆除が可能。

カイガラムシ類

枝や幹などの樹液を吸い樹勢を弱らせる。駆除方法は冬にマシン油乳剤や石灰硫黄合剤を。

うどんこ病

うどん粉のような白いカビが特徴。サルスベリやハナミズキなどに梅雨のころに発生する。ミラネシンやベンレートなどの殺菌剤で予防。

ハダニ類

微細なダニによって葉の裏などから汁液を吸い弱らせる。専用の殺ダニ剤で退治する。

灰色かび病

バラやツツジ、ツバキ類の花やつぼみに褐色の斑点が徐々に広がっていく。マンネブなどの専用剤で防除する。

カミキリムシ

テッポウムシと呼ばれるカミキリムシの幼虫によって、樹木の内部を食害して枯死させることも。モミジ類は特に注意が必要で早期に殺虫剤での対処が必要。

大阪、兵庫での薬剤散布・消毒例

今までに行った薬剤散布・消毒作業事例です。

東淀川区の個人邸で庭木の消毒

東淀川区のお客様から、「モッコクハマキが酷いので見て欲しい」とご依頼いただき薬剤散布。モッコク、サザンカ、キンモクセイにオルトラン水和剤とスミチオンを散布。

薬剤散布前のモッコク

作業前

薬剤散布後のモッコク

作業後

都島区でモミジ(紅葉)の剪定、消毒『S様邸』

大阪市都島区でモミジ(紅葉)の剪定、薬剤散布を行いました。剪定で透かし終えたあとに、毛虫防除のために薬剤散布することで健康な庭木を維持することができます。

大阪、都島区でモミジ(紅葉)の剪定、消毒(S様邸)作業前画像

作業前

大阪、都島区でモミジ(紅葉)の剪定、消毒(S様邸)作業後

作業後

箕面でサザンカ(山茶花)などの剪定、消毒『T様邸』

大阪府箕面市でサザンカ(山茶花)などの剪定及び消毒作業を行いました。サザンカはチャドクという毛虫が発生しやすいので、透かして空気を通るようにして、太陽光を中まで通してあげましょう。しっかりと葉の表裏に薬剤を散布して、残っている毛虫を駆除して作業完了です。

大阪、箕面でサザンカ(山茶花)などの剪定、消毒(T様邸)作業前画像

作業前

大阪、箕面でサザンカ(山茶花)などの剪定、消毒(T様邸)作業後画像

作業後

薬剤散布・消毒料金

消毒作業につきましては、散布量にて算出させていただきます。ただし、作業環境などの諸条件により価格は変動することがございますので目安としてとご理解下さい。

薬剤散布・消毒料金表
10L未満 20L未満 40L未満 60L未満 60L以上
3,000円 5,000円 8,000円 10,000円 別途お見積もり

消費税含まず。詳細は『お庭のお手入れ料金

さいごに

消毒を定期的に行わないと、病害虫の発生で健康的な庭木を保つことができません。

そうならないためにも早めの防除は必要なので、大阪や兵庫で庭木の消毒業者をお探しなら植木屋エスリーフにご相談下さい。

 お問い合わせはこちら