淀川区でシュロ(棕櫚)の剪定『I様邸』

      2017/02/18  - 大阪

大阪、淀川区でシュロ(棕櫚)の剪定前画像

大阪市淀川区でシュロ(棕櫚)の剪定を行いました。

シュロの種には、葉の垂れるワジュロ・葉の垂れないトウジュロと分かれておりますが、コチラは葉が垂れているのでワジュロの方。

鳥などによる実生の可能性があるので、アイジュロかもしれません。

作業内容

狭い場所で三脚が立てられない場所でしたので、二連梯子(スライダー)を樹にくくりつけて、垂れたシュロの葉を切り裏庭は完了。

表のお庭は小さなマキや山茶花などがあり、表と裏と分かれての作業でした。

サザンカはお手入れがされていない様子だったので、チャドクがすごかったようです。

茶毒蛾に関しては、『害虫のチャドクガに要注意。お庭のツバキ、サザンカ大丈夫?』で、その危険性や駆除方法などを記載しておりますので、ご参考にして下さい。

毛虫や害虫などで見た目がひどくなる前に、お庭のお手入されることをおすすめいたします。

また、今後の話を施主様とお打ち合わせさせていただき、今後は不要木の伐採を行っていくとの事。

ご予算の都合もございますので、一気にではなく徐々に行うこともご提案させていただきました。

お庭の事でお困りでしたら、エスリーフにご相談いただければ、解決方法をご提案させていただきます。

作業詳細

  • お庭でシュロ(棕櫚)の剪定
  • 作業人数 2人工
  • 作業日数 1日
  • ゴミ処分 軽トラ半車

お客様の声

太陽光を窓から感じられるようになって、部屋も明るくなりました。
大阪市淀川区 I様

作業風景

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう